起業を目指す会社員(不安との2年半の戦い)

令和7年4月1日に起業を目指す会社員です。家族と住宅ローンの不安に打ち克ち、起業を目指し、準備中。

全体の不安と戦う④ 「利他」の精神を思い出す!

 

春には桜満開、この道の整備をしてくれた有志の方に、感謝。



今日も見ていただきありがとうございます。

ひとりで起業をすると、自分勝手になったり、自己中心になったりしないか、不安があります。

先日、稲盛和夫さんがご逝去されましたが、その稲盛さんはそんな私のような人間に大切な言葉を伝えてくれています。

稲盛さんの本や記事でよく紹介されている「利他」という仏教の言葉です。この言葉を最初に聞いたのは、大学生の頃でした。大学生の頃に、私に将来の夢を与えてくれた方がいましたが、その方も「利他」という言葉をよく使われておりました。ですので、ずっとこの言葉は心の中にありましたが、先日の稲盛さんのニュースを見て、思い出しました。

私は起業で華々しく成功することよりも、自分の仕事を通じて社会の役に立つことを望んでいます。(そもそも、華々しく成功することはないだろうと思いますが。)

だからこそ、この「利他」という言葉を思い出しながら、仕事に取り組もうと思います。私の職業観の原点には両親の仕事があります。祖父母の仕事があります。両親も、祖父母も、幸いにして子供の私に、ひたむきに働き、お客様に喜んでもらう姿を見せてくれていました。それは、ビジネスとしてどうだったかは今となってはわかりませんが、その「利他」の精神をいつまでも大切にします。

他人の幸せを願うことが、自分の幸せにつながる!

こんな研究結果もあるそうで、利他の精神は結果的に自分や自分の周りも幸せにするのかもしれないなと感じています。人間ってよくできたものですね。

そう思うと、少し楽な気持ちになれるものです。

今日もご覧いただきありがとうございます。(開業まで917日)

事業の不安と戦う③ 今の自分は、将来のクライアント!

 

石畳にも、アスファルトにも、それぞれの良さがある


今日も見ていただきありがとうございます。

事業を開始するにあたって、全く未知の世界で、具体的なイメージが湧かない不安があります。

転職だったら、「面接→入社手続→社員研修→実務スタート」といった具体的な流れがイメージできますが、起業となるといろいろとありそうでイメージしにくいところがあります。周りに起業に成功している方がいればよいのですが、なかなかそのような方は近くにいません。そこで、どのような形で事業を進めていくか、現在、勉強をしています。

そんな中、個人事業の本の中で、「パーソナルブランディング」について学びました。

その名の通り、個人のブランディングのことです。その本の中では、「自分のブランドを作る上で、自分が現在マイナスに感じていることをどのように変えたいかが大切」と学びました。そして、もう一つ「事業を通じて、誰とつながりたいかも大切」と学びました。では、私は誰とつながりたいか?

実は、私が事業を通じてつながりたいのは、今の自分のような人です。

「起業意欲や事業に必要な知識、資格などが、ある程度整いつつあるのに、未知の不安から踏み出せない」そういう方とつながりたいと考えています。そういう方が何を求めているか、「将来のニーズ」こそ、「今の私の素直な思い」だと考えると、すごく感慨深いものがあります。今の自分の内なる声に耳を傾け、それをしっかりと記録することは、このブログの大きな意味でもあるからです。今の自分は、将来のクライアントと思って、大切にしようと思います!

そう思うと、少し楽な気持ちになれるものです。

今日もご覧いただきありがとうございます。(開業まで918日)

現職の不安と戦う② 現職は将来のケーススタディー!

 

公園は大人の癒しの場でもある。

今日も見ていただきありがとうございます。

現職では、様々な問題や悩みを抱えることがあります。

reiwastartup.hatenablog.com

reiwastartup.hatenablog.com

これらは、起業を前提とすると、ずいぶんと見え方が変わってきます!

例えば、現職で起こる問題は、将来の起業後にも起こりえるものです。その時は、自分ですべて対処していかなければいけません。「自分なら、どうするか?」と今から考える予習ができるのです。現職で起こる悩みも、将来の起業後にも起こりえるものです。その時は、自分で自分の精神状態を保たなければいけません。「自分なら、どう乗り切るか?」とこれも今から考える予習ができます。起業したら、まわりのメンバーや会社のせいにすることはできません。

会社は、周りのサポートがある大変恵まれた環境です。

こういう環境下で、少しずつケーススタディーを始めていこうと考えています。そのように意識すると、普段の仕事も、少し楽しく感じられます。自分で決定している、判断しているという感覚が、仕事のやりがいを与えるからです。現職は、将来のケーススタディーと考えながら、月曜日を迎えようと思います!

そう思うと、少し楽な気持ちになれるものです。

今日もご覧いただきありがとうございます。(開業まで919日)

事業の不安と戦う② 専門家と多能工のハイブリッドで勝負する!

土曜の夕方が、一番好きな時間。

今日も見ていただきありがとうございます。

これから提供する事業は、どれだけの方に必要としていただけるのか、不安があります。

その不安を解消し、少しでも必要としていただけるために、私なりに考えていることがあります。

それは、「専門家」と「多能工」のハイブリッドです!

(私は、これからは、融和が求められる時代になるのではと、勝手に予期しております。)

専門家(専門的なサービスを提供する)× 多能工(様々な分野でサービスを提供する)ということです。

サービスの利用者にとっては、ワンストップで、希望したことが実現し、問題が解決する、有益性があるのではと考えています。また、今の時代は一つの事柄が様々なものに影響することがあり、単一の専門性では、それらの多様なニーズに対応できません。だからこそ、私は、専門家×多能工のハイブリッドで勝負したいと考えています!

では、具体的にどのような分野の専門性で勝負したいか、、、については、起業が近づくにつれて少しずつ紹介したいと思います。事業の不安には、専門家と多能工のハイブリッドで対応する。

そう思うと、少し楽な気持ちになれるものです。

今日もご覧いただきありがとうございます。(開業まで920日)

全体の不安と戦う③ 悩んだら、書く・話す・寝る、以上!

 

とにかく書く!ノートは自分だけのワールド!


見ていただきありがとうございます。

起業のことを考えると、楽しみもありますが、同じぐらい不安もあります。

心配性な私には、本当にいろいろと悩みはつきないものです。もともと、起きていないことに心配になってしまう性格ゆえに、「あの一言で相手を傷つけていないかなあ?」「あの仕事は、あれでよかったかなあ?」と悩んでしまうことが普通の仕事でも多々あります。ある意味、それによって、人間関係が円滑になり、仕事の精度も上がっているので、結果としては良いのですが、心の負担は大きいです。

そんな悩みの多い自分の性格を改善すべく、これについてもいろいろな本や記事を見てきましたが、なかなか私にしっくりくる方法がありませんでした。

しかし、ようやく自分に合った方法ががわかってきました!

結局はそれは、もっともシンプルで、もっとも簡単なものだったのですが。。

①とにかく不安や悩みを書いて、読み返して、びりびりに破る。

②全ての話を受け入れくれる人をみつけて、素直に話す。(妻に感謝!)

③いつもより長く寝る。

これで、翌日にはある程度悩みも収まっていることが多いです。

成長や成功をするためには、これからも悩んだりすることはきっとあると思います。

そんな時は、シンプルに、「書く」・「話す」・「寝る」をしてみます。完全に悩みが消えることはないかと思いますが、少しは小さくなるものです。そうしているうちに、また何か興味深いことが出てきたり、気になることが出てきたり、気づいたら次の一歩を踏み出していることでしょう。

そう思うと、少し楽な気持ちになれるものです。

今日もご覧いただきありがとうございます。(開業まで921日)

事業の不安と戦う① 個人版「持たざる経営」を目指す!

 

クラウドの世界なら、一人でも戦える!

見ていただきありがとうございます。

起業したら、ヒトも、モノも、おカネも、情報も足りないものばかり。

個人単体では不足感ばかりで、不安になってしまうものです。古い話ですが、学生時代、「持たざる経営」や「ファブレス」という言葉をよく聞いたものです。

それらの言葉には、工場や生産設備を持たず、初期投資を抑えた形でスタートし、必要に応じて、外の力を借りながら、景況感の変化に合わせながら、柔軟に対応するという、そんなイメージを持っています。(すみません!正しい学問に基づくものではありません!私の言葉に対する勝手なイメージです!)

個人の起業ではまだまだ十分に使える発想ではないかと考えています!

ヒトについては、必要に応じてクラウドで依頼をする。モノについては、基本的にはモノが必要とされないサービスを目指す。おカネについては、ほとんど資本が必要ない形(人的役務(※)に特化した形)で事業を展開する。 ※最近好きなワードです。情報については、必要に応じて、ネットやサブスク、図書館を活用する。

個人版「持たざる経営」を目指しておけば、世の中の変化に柔軟に対応できると考えています。「世の中の変化への柔軟な対応」こそ、私たち個人が大企業に勝てる強みかもしれませんね。

そう思うと、少し楽な気持ちになれるものです。

今日もご覧いただきありがとうございます。(開業まで922日)

知識の不安と戦う② 好きな分野から、楽しく知識を広げていく!

休みになると、行きたい衝動を抑えられない、素敵な空間。


見ていただきありがとうございます。

起業したら、専門分野や周辺分野にすべて精通しなくては、という不安感に駆られることがあります。

私だったら、専門家に相談したときに「調べてお答えしますね。」といわれると、少し心配になってしまうものです。実際には、世の中の専門家の方々も、話してみると、案外全てを知っているわけではないんだなと思うこともありますし、そもそも世の中には数えきれないくらいの情報があるので、すべて期待するのも酷な話ですよね。

ですが、私は、なるべく相談を受けた際に、その場で正確な情報を伝えたいと考えています。そこで、知識を広げる、深めることが重要となってきます!

これまでの勉強経験を通じて、自分の学習傾向がなんとなくわかってきました!!

<自分の学習傾向>

①そもそも長時間、集中力が持たない。

        ↓

②短い時間でたくさんの情報を得ようと、多読をする。勉強に飽きると、違う本を読み始める。

        ↓

③多読をしたり、他の分野の本を読み始めることで、頭に入った情報(これまでに記憶した情報)が関連し、どんどん特定の分野への興味が増えていく。

        ↓

④その分野が好きになると、その周辺の分野が好きになる。

        ↓

⑤最終的にすべての分野に興味が芽生える。

特に、大学受験では、最終的に5教科すべてが好きになり、得意とか不得意とか考えることもなくなりました。

こんな感じで、好きな分野から少しずつ知識を広げていこうと考えています。大人になって、「学習の自由」を手に入れたので、自分の好きなルートで勉強するのもいいなと、思っています。

そう思うと、少し楽な気持ちになれるものです。

今日もご覧いただきありがとうございます。(開業まで923日)